昨夜は京大花山天文台「古事記と宇宙」映像ライブへ。
幸い雨も上がり、音楽の盛り上がりとともに雲も動き、
いっぱいの星、そして美しい満月を眺めながらの素晴らしいコンサートとなりました。

PA080187

天文台の壁いっぱいに映し出された宇宙の映像、
そして喜多郎さん、岡野さん、秋の虫達が奏でる音が夜空にこだまして
本当に美しかったです。

門川市長、山極総長もお出ましで、面白いお話も伺えました。
知り合いの方も何人か、ご家族ご友人とともにお出まし下さっていました。

あまり大きく広報はしてはらへんかったけど、300人のシートは満席(@@)
天文ファンの裾野の広さをしみじみと実感させられたことでした。

PA080186

ウチはアテンド予定やったイタリア人と上手く連絡がとれず
「けえへんのやな」と思って一人で伺ったのですが、帰宅後PCには

「KEAGEステーションってどこなん?」
「SIM変えて電話番号消えたから連絡ちょうだい」
「いったいオレはどこに行ったらええんや」

と、山のようにメールが入っていて(ノ∀`)アチャーとなっておりました。

「来られるなら蹴上からシャトルバスに乗るよしおいでや」とだけ
メールを送っていたのですが、外出時にケータイでは連絡つかんことを
伝えてなかったウチって(以下略)

この度はホンマにすんませんでしたm(__)m

お着付けは久留米絣の単衣にお客様から頂いた名古屋の洒落帯で。
ちょっと寒いかと思いましたが、雨が降った時の事を考えて
こんな感じになりました。

PA070175

袖からお襦袢がのぞいてるのは安全ピンでたくし上げた(〃∇〃)

天文台の敷地は雨で随分ぬかるんでいましたが、
めっちゃ暗かったので、人の目気にせず、着物の裾をまくり上げ
どうにかこうにか行けました。
幸い、足袋も汚れんで助かったε-(´∀`*)ホッ

お天気でもホコリとかたつよし、天文台へ行く時は洗える化繊、
木綿、ウールなんかがエエかもです。
ぬかるみを右近下駄で歩くと下から染み込んでくるので
色物の足袋にウレタンの草履や雨下駄なんかがエエかもしれません。

しかし天文台寒かった(;´∀`)
山の上って平地とあんなに違うんやね。
おかげで一足先に深まる秋を楽しませていただきました。

色々あったけどエエ夜にございました。
ありがとうございました(*´ω`*)