袷用の反物を支度します。

手持ちのモスボックスには4枚分の反物がありました

P9150290

今から縫うと多分仕上がりはお正月でしょうから(;´∀`)
ちょっとエエのを縫いたい。

ということで、お世話になってるお姐様から頂いた
辛子色の辻が花にケテーイ

P9150300

これなら帯次第で春っぽくも秋っぽくも着られそうです。
これは状態がとてもいいのでこのまま使います。

裾回しは一緒に頂いたピンクの絹。
これは鋏が入っていたのですが一旦解いて水を通しました

P9150295

ほんの少しシャンプーを混ぜた水に3時間くらいつけ置きしてからしっかりすすぎ
部屋干しして半乾きの状態でアイロンをかけます

P9150296

この中から具合のよいところを見繕って
なんとか裾回し分とれそうです。

P9150298

胴裏は以前いただいて山のようにある白生地から
良い感じのものを見繕って使います。
素材はわからん(;´∀`)化繊かもしれん。

P9150297

表布、裾回し、胴裏でこんな感じです。
糸はまだ支度していないので
この連休中にユザワヤさんに走ろうと思います(^^)


新きもの作り方全書
大塚 末子
文化出版局
1972-04-01