寸法に従って反物を裁断していきます。

P9160315

表布は一番難しかった(;´∀`)

全部開いてみると、柄の入り方がごっついランダムで
普通の小紋みたいに端から図面どおり取るというのができません。

切る前に気付いてヨカッタわε-(´∀`*)ホッ

一箇所だけ柄がたくさん入ってる部分があって
どうやらここが左の前身頃になりそうやなと勝手に解釈。
そこを基準にして取って行きました。

P9160314

左の前が決まったらお袖の模様もそれにあわせて
ああでもない、こうでもないとせなあきません。
この辺はほんまに勉強不足でえらい時間がかかってしまいました。

P9160316

ともあれ、どうにかこうにか裁断だんノシ

胴裏の白生地は淡々と。
裾回しのピンクの生地はほんの少し経年劣化があって
一枚一枚確かめながらイケそうなところを取りました。

P9160319

明日から印をつけていきます。
台風来てるみたいやし、家でじっくりがんばるまん(*´ω`*)

新きもの作り方全書
大塚 末子
文化出版局
1972-04-01